スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

7月3日(土)

ブラジルが負けてた。
スポンサーサイト

| 未分類 | CM 0│ 2010. 07. 03(Sat) 15: 51 |

7月4日(日)

アルゼンチンがコテンパンにされてた。
予想って全く当たらないもんですな!てことでスペインがんばれ~

| 未分類 | CM 0│ 2010. 07. 04(Sun) 01: 12 |

7月15日(木)

サッカーW杯
 スペイン優勝おめでとう。
F1 イギリス・シルバーストーン
 可夢偉6位入賞おめでとう。なぜ彼はこれほどまでに速いのか。ウェバーとバリチェロは気に入らんけど…
名古屋場所
 琴光喜解雇。愛知県出身の上位(十両以上)力士には玉飛鳥、清瀬海(謹慎)、益荒海がいるんですが、名古屋市出身力士はあまり応援する気にならないので、益荒海(豊田市)に期待しようかと思う。ていうか豊田市も別にあれなわけですよ。どうしよ。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 07. 15(Thu) 13: 59 |

7月24日(土)

物語 数学の歴史―正しさへの挑戦 (中公新書)物語 数学の歴史―正しさへの挑戦 (中公新書)
(2009/06)
加藤 文元
商品詳細を見る
古代から現代までの数学の流れを綴った本。とても興味深かったが、如何せん数学の用語が理解できない。数学の枠組は一握りの天才によって形作られてきたような感じがするけど、他の学問分野ではどうなのだろうか。
古代、数学が生活の中でどのように利用されてきたかや、各地域の文明ごとに数学の根本的な考え方に違いがあることを述べる序盤はとてもよい。筆者は西洋数学と東洋数学から「世界の数学」へ統合していく説明をするが、それ以前の、数学の多元的な芽を語る部分が最も生の人々を想起できるシーンである。
数学の発展が現代に接近するにつれて話はサッパリわからなくなる。語る内容もそうであるのだが、特にわからないのは、「その発想にどれほどの価値があるのか」である。ずぶの素人にとっては非ユークリッド幾何学やらリーマン幾何学がどんな意味をもってるのかを理解できない。其処を差し置いて、それらが数学の根底を揺るがす革命的な出来事であると語られても、数学者が感動するほどに私の心に響くことはない(理解できていないのだから当たり前である)。こうした発見の価値がわかる人からすれば、僕のような人間は「これだから俗物は…」と思われるだろう。でも「数学の歴史」とゆーからには、どれだけの人間を(意識的にも無意識的にも)動かしどのような影響を与えたかの説明がほしかった。
本書は数学史であって、歴史において数学が果たす役割を述べたものではない。思想的背景に多く言及しており、人物伝としての色合いも強い。数学とは縁遠い人でも読めるであろうが、記述の内容を理解しうる人は多くなかろう。

『2012』をみた。映像はすごいけど『ディープインパクト』のほうが10倍良い。

| 本・漫画 | CM 0│ 2010. 07. 24(Sat) 23: 34 |

7月25日(日)

『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』
『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』
をみる。久々に見たけど、SWってこんなに面白かったっけ?ってな感じ。新三部作制作以降の差し替え版で、CGのシーンやキャラクターが新たに挿入されてたりするわけですが、もともとあった艦隊や空想の動物なんかの特撮なんて見ていてすごいと思った。ヘタなCGよりもよほどリアリティも面白みもある。

『G.I.ジョー』
デミ・ムーアがでてないやつ。二人の忍者(イ・ビョンホンと誰か)がかっこよかった。
ラストがXメンっぽい。

『トイ・ストーリー2』
アメリカ人は天才ですね。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 07. 25(Sun) 23: 56 |

7月26日(月)

第11戦F1ドイツGPがホッケンハイムリンクでありました。
決勝はフェラーリの独壇場といった感があり、PPのベッテルは終始フェラーリの1-2体制の背後に付く形となりました。ウェバーも同様に、4-5位のマクラーレンを追走しますが、こちらはタイム差的に離されていました。
アロンソに気を取られるベッテルをよそに、スタートで一気に先頭に飛び出したマッサは中盤までトップを守りますが、フェラーリのチームオーダーによって幾らの抵抗もせずにアロンソに抜かれます。
マクラーレンのバトンはコース上でウェバーを抜けませんでしたが、巧妙なピットストップによってウェバーの前で復帰することに成功します。
熾烈な争いを繰り広げたのは中位勢も同様で、クビサを先頭にニコ、Mシュー、ペトロフ、可夢偉、バリ、ヒュル、デラロサが入賞圏内を競い合いましたが、可夢偉はペトロフにオーバーテイクされ惜しくも11位、デラロサは不遇なアクシデントにより14位でそれぞれレースを終える結果となりました。オープニングラップ以外のレース中の順位の変動はあまりありませんでしたが、各車離されすぎることはなくチーム力が拮抗しつつあることを示しているようでした。
ルノーのクビサは3強に次ぐポジションを確保しつつありますが、メルセデスはその戦闘力を疑問視される中で、フォースインディアやトロロッソが真っ当なチーム力を発揮できるようになれば、ますますポイント争いは混迷を極めることになるでしょう。今回のGPをノーポイントで終わったザウバーですが、以降も入賞が際どいレースが続くでしょうから、少ない好機をしっかりとものにしていただきたいと思います。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 07. 26(Mon) 11: 01 |

| main |

Profile

Author:中原
絵の練習メイン。多分。

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。