スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

10月5日(火)

まさかの10月。もうすぐ来年になっちゃうよ。
前回の投稿からだいぶ時間が開いていますが、ホントーに書くことがなかったので仕方ないのデスよ。

何をやっていたのかとゆーと、ブラウザゲームです。
熱血三国とかドラゴンクルセイド2とか戦国IXAとか…。いわゆる終わりのないのが終わりのブラゲです。全然いわゆってないけど。
暇な時にやろうと思ってやり始めるんだけど、逆に生活のリズムが完全にゲームに支配されるから困る。真夜中や朝方に起きて、「建物作らなきゃ…」とか「出兵しなきゃ…」とかなる。実際にはなってないけど、5時間後に建築が終わるからちょうど5時間後にパソコン起動して次の指示を出したりする。廃人乙。
こーゆーわけわからんマルチプレイのゲーム(FF14とか含む)は、やってるときにふと我に返ったりすると「あぁしまった」ってなるわけですよ。人生の限りある時間を掃き溜めに捨ててしまったといつかプレイヤーに思わせるようなゲームは、ゲームじゃない。ゲームは娯楽なんです。趣味に費やす時間のように、プレイしたあとには穏やかな気持ちになれなきゃマズいんですよ。お仕舞いのないMMOゲーで1年も2年もユーザーを囲い込もうって思ってるなら、もうセカンドライフかなんかみたいにゲームの範疇から外れてもらいたいと思う。うん、完全に八つ当たりな文章だな。

・『みんなでニホンGO!』
「じゃん」の語源は三河。ほかは譲れてもこればかりは譲れない。根拠はないよ。

・秋場所
白鵬優勝おめでとう。おもしろくないです。
尾車部屋の力士がいい感じでしたね。九州でもこの調子が続くといいです。三役(大関除く)、平幕にがんばってほしい時期です。もう何年もこんな感じなんで、時代といった方がいいかも。

・F1シンガポールGP
今回もナイトレース。シューマッハの丈夫さに脱帽。KOBは最初にピット入らなかった(入れなかった?)時点でそこでレース終了だったのでどうでもよし。日本GPで金麦と待ってるから。どっかの下位チームがいい仕事してたのは覚えてます。まるでKOBのために走っているかのようでした。そんなつもりは毛頭なかっただろーけど…。
スポンサーサイト

| 未分類 | CM 0│ 2010. 10. 05(Tue) 22: 10 |

10月6日(水)

アフターバーナークライマックス(以下ABC)とPixelJunkモンスターズを買いました。もっとお金かければいいのに…と思わざるを得ない。
アフターバーナーは鼻血が出るほど懐かしいので買ってしまった。ファミコンでやってたけど、シューティングはニガテなのでクリアできたことはありませんでした。そもそも得意なジャンルなんてあるのか…?ちなみにアーケード版はプレイしたことがありません。
アーケード版移植ゲーということだけあって1プレイ10分くらいで終わります。はやいです。ていうか機体のスピードがはやいです。焦る。おまけに親切設計です。簡単な条件を満たすと超有利なオプションが楽々解除されるので、もう少し解除の条件とオプションの段階を調整してほしかったと思います。
機関銃を当てるのが難しい。スピードが速い+フィールドを飛び回るわけではないのでエスコンのようにうまく当てられない。関係ないけど、なんでPS3でACがでてないんですか。HAWX買うかPSPで我慢しろということでしょうか。失礼しちゃうわ。
爽快感はあります。ただ本当に即クリアできてしまうので、パッケージのゲームの合間にやったりするのがちょうどいいのではないかと思います。ちなみにトロフィーは1,2時間で余裕で100%にできるとかどっかに書いてありましたが、僕は3時間くらいやって普通に100%じゃないです。どんだけ~~

PixelJunkモンスターズは、いろんなところで評価高いですよね。数十分しかやってないですけど、雰囲気に圧倒されました。ウェブでも建物建てる無料の防衛ゲーってたくさんでてますけど、大抵RPGっぽかったりモチーフが殺伐としてたり完全におふざけだったりみたいなのが多い(気がするの)ですが、これはなんかすごい。異様。決して悪い意味で言ってるわけではありません。たとえるなら「へべれけ」みたいな感じでしょうか。この世界観とゲームシステムとの採り合せが衝撃的でした。

| ゲーム | CM 0│ 2010. 10. 06(Wed) 23: 25 |

10月7日(木)

「PixelJunkモンスターズ」がむずい。

「F1 2010」が今日発売されましたね。おそらく今までリリースされたF1ゲーの中で最高の出来だと思います。買ってないけどね!
PSとPS2時代はSONYがF1関連のゲームの販売だか開発だかの独占権を持っていましたが、なんか最近コードマスターズとかいうところに権利が移ったようです。そんなわけで今回の2010はこの会社製。
買いたい気持ちも2割くらいあるのですが、SONY時代のあまりの本格的な印象が強いので、いつか安くなったらやってみたいなという感じです。最近のグランツーリスモ(GT)なんか比較にならないほど硬派だと思うので、ぬるゲーマーの私には敷居が高かったりするわけですよ。今回はドライバーのレース人生を追体験するキャリアモードが一押しらしいですが、前々作くらいのキャリアモードをやっていたときに、下位チームのテストドライバーから一向に昇格できない(レースにださせてもらえない)という屈辱的な仕打ちを受けたことがあるので余計に手が出せません。
個人的には、GTは車が少しでも好きな人向けみたいな裾野の広い感じで、こおゆうF1ゲーは本格的な人向け(GTに失礼だが)な気がする。ゲームというよりドライビングシミュレータっぽくて、速い車に乗っておれはえーってやるゲームじゃなくて、1周のべストラップが1'28.628から1'28.590になってはじめて喜ぶゲームだと思います。自己鍛錬ゲーですよ。完全に妄想の産物みたいな話になっていますが、僕の中ではこれはこういうゲームだろうという位置づけであります。モータースポーツの本場ヨーロッパでは注目の的みたいですが、日本ではどうなるでしょうか。

| ゲーム | CM 0│ 2010. 10. 07(Thu) 23: 24 |

10月8日(金)

ロスプラ2を買っちゃったよ~ん。オンラインマッチよりもキャンペーンのほうがおもしろい(よーな気がする)。
基本的に僕のFPS/TPSのゲームのイメージがPC版のコールオブデューティやゴーストリコン、レインボーシックス、オペレーションフラッシュポイント、アメリカズアーミー、メダルオブオナー、バトルフィールドなどといった今から7~9年くらい前のゲームで止まっているので、最近のゲームをやるとあまりに凄過ぎてカルチャーショックを受ける。特に映像がヤバい。なんで家のテレビでこんなきれいな映像が映るのっていう意味不明なこと思っちゃうくらいすごい。
そ~いえばバトルフィールド1943の体験版があるけど、インストールしてやってみたらこっちもBF1942とはえらい違い。感動するくらいキレイなんだもの。ただしプレイ人口は少ない&酔っちゃうとこは変わらん。
ウルフェンシュタインも上記のゲームが出てたときくらいにやってた記憶があるんだけど、wikipediaをみたらすごく歴史の長いゲームだと知って驚きました。昔やった記憶のある一番古いFPSはドゥーム2だか3だかだけど、そうゆう昔のと比べる必要もないんだけど、桁違いに進化しとるなぁと思う。誰が頑張ってこーゆー次元までもってきたんでしょうね。不思議ですよ。

| ゲーム | CM 0│ 2010. 10. 08(Fri) 23: 29 |

10月9日(土)

今日はF1日本GP予選だったので鈴鹿に行ってきました。FP3回目は一応予定通り行われましたが、肝心の予選は雨で中止。や~辛かった。明日は晴れるといいですね。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 10. 09(Sat) 22: 07 |

10月10日(日)

F1日本GPを見に鈴鹿へ行ってきました。
10時に予選、15時に決勝スタートということで、チームにとっては非常にハードな1日だったことでしょう。
ダンロップコーナーののぼり部分の席だったんですが、逆バンクもデグナーも見えない・スクリーンもなく順位の掲示板も見えないところだったので、ホントーに何が起こっているのかワケがわかりません。
一応実況もあるんですが、当然マシンのエンジン音にかき消されてなにも聞えません。たぶんF1見に行く理由はあのエンジン音を聴くためだけにあるんじゃないかと思う。それ以外に家のテレビで観戦する以上の良い点が見つからないですよ。あとはその場の雰囲気くらい。…ってなんじゃそら!
今回は可夢偉がオーバーテイクしまくっていたヘアピンで観戦してた人は歓喜したことでしょう。羨ましい!

2004年のF1GP決勝にも鈴鹿へ見に行ったのですが、そのときはものすごくわくわくした感じがあります。佐藤琢磨がBARホンダに在籍していて、表彰台も狙える強さで迎えた鈴鹿でしたから。それにコース改修前で芝生に寝転がって見るわけですが、これは今の座席タイプよりもはるかにいい(場所取りが必要でしたが)。

しかし可夢偉は本当にタフ。琢磨君より上と思わざるを得ない。残念なのは環境です。今F1のカテゴリに国内メーカーが参入していないこと、タイヤサプライヤーであるブリヂストンも今年限りで供給を止めてしまうこと。ここまで素晴らしい日本人選手がF1に登場したというのに、どうしたものか。せめてもう少しザウバーのスポンサーにつくところがあってもおかしくないものです。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 10. 10(Sun) 22: 26 |

10月12日(火)

昨日「塀の中の中学校」というドラマがやっていましたが、素晴らしかった。見たの途中からだったんだけどそれでも良い作品だというのが分かった。TBS大金星だね。
普段バラエティへの出演やテレビでの私生活の露出が少ない俳優の皆さんで固められており、内容も今までになさそーな題材でボロがない丁寧に作られたドラマ。こーゆーのをドラマっていうんだよきっと。
まー千原兄とか出てたんだけど、あれはハマり役だった。

| 未分類 | CM 0│ 2010. 10. 12(Tue) 23: 48 |

10月20日(水)

3日ほど前にfallout3、デモンズソウル、アサシンクリード2、FF13を買ったのですが、まだディスクをセットするとこまでいってません。
あと無双オロチZを6000円という超法外な値段でポチってしまいもうどうにでもなれとゆう感じです。発売してから結構経つのに中古もあんまり安くなってないし意味がわかりません。マジで。コーエーの卑劣さと、彼らが暴利をむさぼるのを分かっていながら購入してしまう消費者としての愚かさを呪わずにはいられない。

ロスプラ2のレベル上げが禿げるほどめんどくさい。トロフィー機能のせいでプレイを半ば強制的にやらされているのをひしひしと感じる。だがやめられない。1日8時間くらいやってるけど、キャリアレベルもオンラインの階級もさっぱり上がらない。辛い。

ゲームアーカイブスでカルネージハートがあるけど結構評価が高くてなんか笑えた。マイナーなゲームかと思ってたけど、配信されてるくらいだから有名だったのね。しかも新作も出るらしいようで、おめでとうございます。

グランディアがやりたい。セガサターンを持っていながら、当時このSS史上最高傑作と言われたRPGをやらなかったのは非常に心残りでした。まじめな話です。というか、「欲しかったけど買えなかったゲーム」にこうして再び相見えることができるのは何とも感慨深い。PCエンジンでは桃鉄とボンバーマンくらいしかやってなくて欲しかったゲームがあんまりなかった(失礼)覚えがあるのでそんなにあれですが。

そんなわけでセガサターンのアーカイブスも配信されるようになるといいなあ。ドリキャスくらいになると、ひとつのゲームの容量ってだいたいどのくらいになるんだろうか。たぶんSEGAがアーカイブスに本格的に参入すれば商業的な成功はないと思うけど、セガサターンやドリームキャストに追従し朽ちていったゲーマーのためにも、何とか前向きな行動に出てくれればなあと思います。


インディー系デベロッパーRedspotgames、ドリキャス新作タイトルを2011年に発売予定 - Game*Spark

| ゲーム | CM 0│ 2010. 10. 20(Wed) 23: 29 |

10月22日(月)

デモンズソウルをやりはじめました。噂に違わず難しいです…。最初に盗賊ではじめたときは青目の騎士にやられまくって2時間くらいで挫折しました。何この辛抱弱さ。
そんなわけで初期パラも装備もとっても優秀な神殿騎士でやり直したら程よく進めるようになりました。広い所で複数の敵相手にハルバードを振り回していると、なんだかんだいって無双状態になってるような感じがする。すぐ死ぬけどね。

ゲーム内容がキングスフィールドによく似ている(気がする)。こちらは一人称視点なので雰囲気は変わりますが、ほかはなんだかそっくり。PS2本体と同時発売したエターナルリングはこれを踏襲したゲームですが、僕は開始十分で画面に酔ってやめてしまった思い出のゲームです。あと、何度も死ぬところ(死んだときのシビアさは比ではないが)と、だんだんダンジョンを深く潜れるようになるというプロセスはウィザードリィのよう。

フロム・ソフトウェア - Wikipedia

そんなわけでデモンズソウルとキングスフィールドは両方とも同じ会社がつくったゲームだったんですね。エヴァーグレイスもですよ。PS時代からKFやACを供給していたのですが、PS2の発売当初には結構賭けに出てた部分があるんじゃなかろうかと思ったりします。会社規模もかなり小さいと思いますが、一大メーカーなイメージがあるのはやはりこの二つのタイトルのためでしょうか。

| ゲーム | CM 0│ 2010. 10. 23(Sat) 01: 30 |

| main |

Profile

1741

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。