裏のガンダム

シルエットガンダム-line drawing
シルエットフォーミュラよりシルエットガンダムです。なんかMSの頭身を縮めただけになってて、もはやSDであると主張するのもおこがましいですねッッ!ただしSDには瞳を入れるという古来からの伝統は堅持しておる次第であります。や、これには入っておりませんが。
改は描きません。漫画版には出てこないからであって、決してもう気力がないとかそういうあれではありませんぞ。

シルエットガンダム-lough
5回くらい同じものを描いては消していたので画用紙のライフが尽きかけていました。そもそもコヒノールの練り消しのライフが0になって月光荘の練り消しを使うようになってから、練り消し的消しカスを気にしなければならなくなりいろいろと面倒なんです。その点コヒノールのものはカスはほとんど出ないわ油っぽくないわでかなり優秀でありましたが、我々は一つの練り消しを失ったのです。なぜだ!
まあ練り消しを普通の消しゴムの如く扱ったから失ったわけなんですが、カスの出ない消しゴムという理想を体現したコヒノールは偉大だなーってことで。

| 絵の練習 | CM 0│ 2012. 03. 06(Tue) 23: 13 |

ぐち

なんかもー精神的にヤバいですわん。毎日誰の役にも立たない仕事をやって帰って寝るという生活でございます。毎朝起きるたびに少しずつ死んでいくという将にQUEENの「Somebody To Love」状態であります。
この年齢になっても自分がどうしたいのか分からんのですが、まあ正直なところやるべき事柄というのはほとんど自明の理のような気もいたしますけれども、度胸がないというか、お金の心配というか、そういうものが付いて回るわけです。惜しむほどのこともないはした金を言い訳にするのはおそらく雑魚特有のものでありまして、逆に今のままならば明日死のうが50年後に死のうが自分史的には何も変わらないのであります。高度にスイーツ(死語)的発想が含まれておりますが、それによってこそ、現状ほど堪え難いものはなく、現状ほど変え難いものはないという名言が生じてくるわけであります。
自らを言い訳にもならない屁理屈で立ち止まらせて、今日も明日も10年後も同じことで悩み続けているような格好をするのは、人の生き方にふさわしくありません。まあだからと言って明日からスーパーマンになろうっつったって大変難しいというのも承知しておりますが…とかなんとか言おうと思ったけど、これこそ言い訳の極致って感じですな。どうすっかなー。

WEBアニメスタイル | アニメ様365日バックナンバー
この小黒祐一郎さんという方の、第52~59回の『あしたのジョー2』に関するコラムがいい。この方の『あしたのジョー2』という作品に対する愛が沁み出してくるような語り口が心地よい。
まあ御多分に洩れず自分も第14話は傑作だと思っているクチですが、ふとした拍子にこういうのを読んでしまうと、グッときます。アニメってもんはやっぱいいもんですね…ってんなことゆうとる暇があったら作品を観直さんかいっ!

| 未分類 | CM 0│ 2012. 03. 15(Thu) 21: 17 |

れんしう

81.jpg
ナゾの絵。

| 絵の練習 | CM 0│ 2012. 03. 17(Sat) 01: 50 |

3月18日(日)

F1開幕戦がオーストラリア・アルバートパークサーキットにて開催されましたね~。
ザウバーのドライバーは予選の不本意な結果で主にペーター爺さんの不興を買っていましたが、結果がよければ全てよしですね。オープニングラップでいろいろありましたが、大体このコースの1,2コーナーは何も起きないほうがおかしいレベルです。可夢偉はここでセナと接触したりペレスに追突されたりしましたが、たぶんペレスはセナの挙動に関係なく可夢偉に追突していると思うんですが、まあええや。
可夢偉は終始ライコネンとやりあってたわけだけど、予選でキミカスやんwwwとか思ってたら全然そんなことはなかった。今シーズンも中団勢(+マッサ)が激戦ということが分かりました。BS観戦なんでLT見れず実際はどうなのかわかりませんが、今後が非常に楽しみでありますな。
チェッカー目前でザウバーマシンがキミにパスされるのを見て、抜かれたのは間違いなく可夢偉だと思いましたが、最終ラップにおいても一悶着あったようで可夢偉はなんと6位フィニッシュ。わけわかめで笑えてきます。開幕戦終了時点でコンスト3位というのも笑えますが、ここからどんだけ下がるかは考えたくないですね。

| 未分類 | CM 0│ 2012. 03. 18(Sun) 21: 17 |

3月19日(月)

トゥエンティとストーンリバー。探偵オペラミルキィホームズより。
トゥエスト
なんか…そんなに描きたいわけではないものに時間を費やしたこの感じはなんなんだろう…w1時間や2時間ならともかく、2週間とは何事?いや、とーぜんアルセーヌ様とかG4とかのが描きたいわけですよ。何なんだろうね本当ね。

| 絵の練習 | CM 0│ 2012. 03. 19(Mon) 19: 18 |

セパン

F1マレーシアGPですが…。ペレス表彰台オメ!なんて言うわけねーだろばーか!
今日の新聞に可夢偉オタが幾人か憤死するニュースが載ってるかなーと思ったが、どうやら見当たりませんね。まあ息はしていないようですが。BSで観てたがハムがペレスに差を開けられてる時点でペレス表彰台だなというのが分かったので、日付が変わる前に寝ましたが(当然ハラワタ煮えくり返って寝れませんでしたが)。

F1なんて観るもんじゃなかったんや、日本人ドラはやはり様式美が似合うんや!などと思ってみてもやはり悔しすぎる。似たようなレベルのライバルだと思ってた奴がある日を境に急にむっちゃできるようになった感じの進研ゼミの小冊子的な様式美ではある。しょうもない例えだが実際これやられたときってすげー自尊心が傷つくものなのだ。それにしても、可夢偉が化けることはあるのか…?丸2年以上掛けて可夢偉が成し遂げられなかったことを1年と2戦目のペレスは成し遂げた。戦略もマシンもトラブルもチームもスポンサーも関係なく(「結果が全て」ということすら関係なく)、これが現実なのである。
結局、遅かれ早かれ、日本人ドライバーに対する根拠のない過度の期待だけが広がって、ドライバーを押しつぶすのだ。ならば可夢偉オタは、自分の手で自分を裁いて、ペレスやザウバーに対し、小林可夢偉に対して贖罪しなければならん…。オタ達よ、なんでこれが分からん!

今更ながら、フジが地上波撤退したのは英断だった(ペレスの戦略並みに)かもしれん。これでF1が日本において完全に消滅したとしても、誰も何者をも責めることは出来ますまい(いや、これは僕がF1ファンでなく日本人ドラにわかファンだから言えることであるが)。たぶん次戦はふつーに観ると思うが、日本人ドラにしか興味のない輩には、もはや諦観すべき時が来ているのだろう。可夢偉とペレスとの差に一喜一憂するのではなく、歴史は永劫繰り返すことを認め、もう無心で観続けることでしか道はないのかもしれん。

| 未分類 | CM 0│ 2012. 03. 26(Mon) 23: 16 |

SDがん

82.jpg
ZプラスB(Bst)型…とか言おうとしたけど、B型って訓練用複座機の設定じゃないか。しかもハミングバードMS形態まで既にあるわけで何がやりたかったのか。

83.jpg
F90ノーマル。

う~ん一体何がしたいのやら笑。はっきりしていることは、そこまでSDガンダムを描きたくてしょうがないわけではないということである。なんか、ないかなー。音楽とかやりたいわ(どんだけぇー)。

| 絵の練習 | CM 2│ 2012. 03. 27(Tue) 23: 14 |

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)