すぱ-ふらんこるしゃん

・F1ベルギーGP予選
可夢偉がフロントローを獲得しましたね。彼が1周のみのアタックでベストのラップタイムを刻むケースは滅多にないと思っていてライブタイミングは見ていなくて、国際放送にも殆んど捉えられていなかったものですから(解説人もなんか「う~ん」と唸っていたし)、こりゃダメだろうなと思って見ていましたが、いやはや見事なラップでしたね。とりわけS2は1人だけ驚異的な速さで、仮にS1とS3とがもう少し改善できる可能性があったとしても、あの1周が最高の走りであったことは間違いないでしょう。
日本人がFRを獲得したのは2004年ヨーロッパGP(ドイツ・ニュルブルクリンク)の佐藤琢磨以来で、この年のBARホンダはコンストラクターズ2位でしたから、混戦の続く2012年であることを考慮してもザウバーでのFRは快挙と申し上げても過言ではないでしょう。
日本人のインタビューと母国語会見は、もう何とも言い様がありません。決勝もがんばってください!

| 未分類 | CM 0│ 2012. 09. 01(Sat) 23: 45 |

すぱ-ふらんこるしゃん2

・ベルギーGP決勝
決勝に関しては全く期待していないので、というよりはじめから諦念をもって観ているのでそうショックではありませんが、いやあしかし書くことがありませんな。
兎に角、アロンソやハミルトン、可夢偉、ペレスなどなどがスタートのクラッシュでケガを負わなかったことは不幸中の幸いでしょう。なんか以前も言ったような気がしますが、深刻なアクシデントが生じる前に、FIAはグロージャンがスーパーライセンスを所持するのに相応しいか否かを真剣に検討するべきだし、マルドナドに関しても同様だと思います。

| 未分類 | CM 0│ 2012. 09. 02(Sun) 23: 00 |

もんつぁ

・イタリーGP
ペレス表彰台オメ!なんて言う訳ねーだろふざけんナッ!!これで3回目だぞ!しっかし彼のハードの第一スティント、ソフトの第二スティントともに桁違いのレースペースだったなあ。自己ベスト連発でタイヤのタレを知らない。ハードタイヤでのスタートが戦略的に成功であったことを考慮しても、最速ペースを維持しながらオーバーテイクを繰り返しつつ走り抜いたのは賞賛に値する。対照的に可夢偉なんてタイヤのうまいところなんて一瞬もなかったんじゃないか?ソフトの第一スティントはいいとこもなく終わって(コース上でペレスに抜かれたあと、あっという間に離される…)、第二スティントはまあディレスタに離されなかったのは及第点でしょう。ただ、そういうのがどうでもよくなるくらいペレスが速かった。意味がわからん。
ザウバーがこの2人の、次元が違うといっていいほどの差の原因を把握しているとしても、もはやどうにもなるまい。チームは当然来季に可夢偉を乗せるつもりはないし(仮に乗せる意思があればこんな悲惨なことにはならんであろう)、他チームは彼とペレスとの差を考えればとても欲しがるものではない。なんか、ホントにどうしようもなくなったな、という感じです。

| 未分類 | CM 0│ 2012. 09. 09(Sun) 23: 24 |

しんがぽーる

・シンガポールGP決勝
いやはや、もはや痛々しささえ漂って参りましたね…。まさかケータハムにさえ後れを取ることになろうとは思いもしませんでした。前戦で来るとこまで来たな~と思ってたら、実はまだ底まで落ちてなかったという悲劇ですよ。
セーフティカーが入ったおかげでリザルト的には閲覧するに堪えるものになってますが、内容は散々です。序~中盤にかけてペースでKOVに劣るってどんだけやねん。チーム的にも、とんでもねえことになったなあ…ってのは理解してるんだろうけど、どうこうするリソースもないだろうし、その意志もなさそーなんだよなー。なんか小林どうこうより、ザウバーはよ撤退しろ(大金持って)っていう気持ちの方が強い。どんだけじゃ。
上位勢はほぼ空気。楽勝のはずだったHAMはギアボックスでリタイアしましたが、そらマクラーレンに嫌気が差すのも分かる。さすがに今回はかわいそうだと思いました。かわいそうなのはベルヌも一緒で、完全にミサイルの餌食になりましたね。マルシャのGLOがあの位置でフィニッシュしたのは見事。

2度目のセーフティカーが撤収した後の、KOB-WEB-HUL-PERの争いはちょっと面白かった。WEBはクリアならおそらくKOBよりも2~3秒近く速くラップタイムを刻めたんじゃなかろうか。第二スティントでタイヤ交換を終えたマシンがあっさりと無交換の先行車をパスする場面があったんですが、まだ崖は来ていないとはいえあのペースのSSタイヤのKOBにあれだけ抑えられるウェバーってオーバーテイク下手なんじゃなかろうかと思ってしまいました。んであの審議対象はウェバーが4輪出た状態で有利な状況を得たことに対してなんですね。4輪全てコース外に出た原因を成したのは可夢偉で、元のポジションに戻ろうとしても多分HULとPERが漁夫の利を得るだろうから、WEB的にはあのまま走る他どうしようもない気がしますが。個人的には、小林とヒュルケンベルグとの接触に審議を出してほしかったです。ヒュルケンベルグ自身もピットインを強いられることになったあの幅寄せは、小林に対してエスケープの余地を全く残していなかったように思われます。
鈴鹿でのザウバーはどうなるでしょうか。これまでの経緯から言って劇的に改善する可能性がないわけではないでしょうが、10位1ポイントを巡って中堅チームが凌ぎを削りそうな感じがしないでもないです。

| 未分類 | CM 0│ 2012. 09. 25(Tue) 00: 56 |

F90-2I

F90ⅡI
F90ⅡIタイプのつもりでやってたんですが、ダメだと悟りました。下書きがマジで汚すぎた。スペースシャトルが引退するとかいう時に描いたので補助ロケット的なモノをいっぱい付けたろう思っとったんでしょうけれども、もー今更完成までのモチベーションが上がりません。とにかく汚い。

いつもスケッチブックで下書き的なものをかいてるわけですが、消しゴムの使い過ぎで紙がぼろぼろになったり黒ずみが消えなくなったりして二進も三進も行かなくなり嫌気が差してしまい、細部はおろか全体のバランスまで未完成のままスキャナで取り込んでしまうのです。んでSAIの曲線ツールで、線をなぞるわけじゃなくて新しく線を作っていかなきゃならんくなって発狂するわけでございます。
同じことを何度も言ってて自分でもアホや思っとりますが、まー何とかしたいものですな。

| 絵の練習 | CM 0│ 2012. 09. 30(Sun) 17: 36 |

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)