くりすたるうこんくえすと~

クリスタルコンクエストのサービス終了ですってよー奥様。あらやだはやいわねぇ。

本当に名作だったよ。昔ファミコンのドンキーコングとかにはまってたけど、子供の時分にゲームに夢中になった感覚が確かにこのゲームにはあった。うん、多分。システムで言えばオンラインの時点でもはや別次元なのだけれど、家帰ってはよやりてーとか思ったり、仕事中にクリコンのこと(アレを強化しよう、こういう戦法はどうだろうなど)をひたすら考えていたり、ほんとクリコンのことしか頭にない時期があった。文字通り夢中になっていて、クリコン色に染まってた、まじで。何色やねん。

一年前のちょうど今くらいがおもしろかった(と思ったら昨年3月末の記事で既にヤバかった)。なので、一年ともうちょい前の時期が最高に楽しかったわけです。始めた当初はホントに神ゲーでした。絵面的には地味なゲームながら、現在と違って職ごとの役割がはっきりしておりマッチングもバランスがよく、ソロでこそこそ出撃していても遣り甲斐がありました。

最初はずっとヲリをやってたなー。オーカーキャップ・グラージロリカとかめっちゃ好きだった。タルワールも愛用してた。それから、探索でヒルド装備を拾ってきたときや、トレードでR+マム剣を手に入れたときはうれしかったなあ。リーフ装備のLv制限に関しては、レベル上げして解放されるまでが待ち遠しかったもの。あと少しでリーフ回して出た0.5剣が使える~とか、ある意味無課金だった頃の特権みたいなものか笑。
スラブが出た頃には、+10前後のR+双角一式とクリマルを装備して、ひたすらスラブスナを追っかけてた気がする。ただ低強化帯で単独でスラブをゴキるのは厳しかった。強ブライン→ダッシュされた後にあの視界でもう一度捉えるのがねえ。スラブ憎しでやっていましたが、今思うと彼らのいい養分になってたんだろうなぁ。


スラブ実装後しばらくだけの時期でヲリはやめてしまったので、正月の福泉でモーントが出てから久しぶりにやったときには、ものすごく新鮮に感じました。感慨深くさえありました笑。スロットも埋まらない地雷でしたが、このゲームの花形はやはりウォリアーをおいて他にはないと言えるほどに楽しかったです。ヲリメインのプレイヤーが多かったのもよく解ります。

スラブの追っかけをやめてトリに転身したのは、エルフ系のアールヴ一式が最高に可愛かったから。もはやアールヴ一式が似合うのは俺のキャラ以外にはいねえとまで思っていました。ていうか今でも思っています。バカです。あの麗しい黒い肌と輝く銀髪に、煌めく純白が加わった組み合わせに勝るものはないんです。バカな上に変態です。
トリで野良っているときにこの変態をギルドに誘ってくれた方がおりました。一度はお断りしましたが、日にちを跨いで一緒の戦場で戦った直後に再びお誘いに来てくれたときには感動いたしました。どんなオンゲでもギルド的なモノに誘われると嬉しいものですが、優柔不断な私を再度説得しに来てくれたマスターには本当に感謝しています。ギルドに対してもそれはありましたが、実際にはギルマスに対する忠誠心のほうが大きかったでしょうね笑。

おそらく、さまざまなギルドに入った殆どのプレイヤーがそうした感情を抱くように、自分が入ったところも最高のギルドだったと思います。日本語がおかしいですが言わんとするところは伝わるであろう、多分。
当時はプレギルドトーナメント期間中だったかな。寝ても覚めてもギルドPTでの出撃を繰り返しておりました。ご周知の通りギルドなんちゃらは御破算になりましたが、3月~5月は文字通り怒濤の如く過ぎていった感があります。ゲームバランスの崩壊はすでに始まっていたのだが、やはりあの頃が一番熱かったなぁ。春の覚醒とかアクセラとかがもらえたときだけど、あの頃のギルランレースはおもろかったなあ。辛くもあったけどw同国の他のギルドが何人稼働してるのかチェックしつつ四六時中PT出撃。もはや何と戦っていたのかさえ分からない有様でしたが、夢中になるっていうのはそういうことを指して言うのだろうなと実感します。

これ以降はびぼーろく的なモノと言うより多分愚痴メインになるのでよしておこう…しっかしまともな文章じゃあないなあこれw。サービス終了が決定して確かに寂しさもあるのですが、出撃したらしたで、別におもしろさが戻ったわけでもないので何とも言いようがないですね。率直な感想として、終わって当然のゲーム。というかゲームと言うのもおこがましいレベルになってますが。

ただそれでもやりたくなるんだよね、クリコン。魔性ですよホント。

| クリスタルコンクエスト | CM 0│ 2014. 04. 03(Thu) 22: 12 |

くりすたる

ロビーでぼ~っと立っていたら、メールで減殺の魔石を送ってきてくださった方がおりました。戦場でよくお見かけしましたが、一度もお話したことはない方だったのでびっくり致しました。ありがとうございます。そして微強化でごめんなさいw

このゲームをやっていて後悔する点があるとすれば、もっといろんな人と交流を持てば良かったかな?というところでしょうか。公式で騒がれた某利敵キャラ(と判断される人)でさえフツーにいい人だった(気がする)。憶測じゃねーか!というのは置いておいて、とにかくいい人ばかりだったと思います。渡る世間に鬼はないとか。何の話やら。


若葉サラで何度か出撃しておったのですが、気分を害された方には申し訳ない。今年の正月時点では空きスロの若葉サラでもたまに大マップでキル1位を獲れたのですが、今はもう無理ですね…。一応今回は全身HP+20だったけど、ま~話になりませんでした。敵サラのトルネド詠唱中とかwガ系を使いそうなタイミングにダッシュで突っ込むのがおもしろかったのですが、ぜんぜんダメが出ません。ご迷惑をおかけしました<(_ _)>これでR++キバ溶かしたからサラで戦場にも出られないという。


☆SRノース一式が当たる☆
すんごい今さら感。金花実装時からずっとトリ泉回してきてこの仕打ちとはどういうことか。
ちょいちょい物理積んでるけど魔法で即死する雰囲気がハンパない。SRノースに物理とか勿体なさ過ぎると言うのは置いといて。
対サラ用にセンディメもつべきかなあ。てか自分の身可愛さにセンディメ持つってどういうことだってばよ…w

| クリスタルコンクエスト | CM 0│ 2014. 04. 05(Sat) 02: 30 |

☆SRノースを物理積みにする☆
結果的に対人サラに瞬殺されます。
物理攻撃でもデバフ付いて瞬殺です^p^p^^
ヲリのスキル技でつくアシッドでも致命傷になるので話になりません。プロテス前提のビルドなのですがソロが多いのでスロットの恩恵ほぼなし。

レクイエム相手でも多少は耐久的に持つからおもしろいんだけど、フォーグ入ったら存在価値なくなるし、他敵からアシッドデバフをもらってもイチコロだったりね。じゃあギガワクチンもってけ~って話なんですが、そこはお察しください。どっちみち相手がワクチンで突っ込んできたら何にもできなくなるけど。
書き換えメインなら終雪を着ていたほうがよさげな予感。
というかこれ着てると脳筋になってデスりまくりすてぃ。ウォラントやジールの時は自分で言うのもなんだけどまだマシだった気がするんだが、ほんと死ぬ。俺が来たら負けると思ってくれて構わないくらい死ぬ。本気出したら10デスは軽く行けると思う。


ロバーアークスがひどいw使ってる人はいつもながら目の付けどころがすごいなあ。前からあんなに強かったのかな?ギルド報酬とは縁がないのでわからぬ。

| クリスタルコンクエスト | CM 0│ 2014. 04. 07(Mon) 02: 00 |

クリコン

先月の後半になりますか、赤のロビーで突っ立っていたところ、とある方が声を掛けてくださって、うちのギルドに来ないかとお誘いいただきました。
その方は青のギルドのマスターでしたが、正直言葉にならないほど嬉しかったです。この前日、クリコンのキャラを消そうか消すまいか逡巡した揚句、よし消そうと決心してインしていた矢先のことだったので、そりゃもう感無量で御座いました。キャラ消すのにインする必要はないだろ~という話ですが、一応メールを出したり記念に出撃したりとかしようとしてたんです。ホントですよ!

その10日後くらいにサービス終了のお知らせがきたので結局消えることには変わりないのですが、なんか命拾いしたようなそんな気分で過ごしておるのです。


・R++ブルージャ一式が当たる
→移動を微妙に積んで産廃化。R++ブルージャをここまで無駄な装備にしたのは私が最初で最後ではなかろうか。ちなみに、プリに関しては未だにとある歳老いたプリへの憧れがあったりしますw移動ビルドはいまやスナに容易く落とされるのが関の山ですが…。

・R+エルヴン一式が当たる
→もはや何も言うまい。


以下愚痴と自己満足の極み。読む価値なし。

read more...

| クリスタルコンクエスト | CM 0│ 2014. 04. 16(Wed) 00: 22 |

くりすたるなんとか

以前書いたクリコン記事を読み返してみたら、一年以上前から悉く愚痴ばかりしか書いてなくて驚愕でござる。アレ…俺、なんでクリコンやってたんだろう…(゚A゚;)

・とかいいつつヲリが楽しくてしょうがない
超絶雑魚ヲリです。俺様の地雷っぷりに酔いな。
紙装甲+低火力であるためプリに支援された敵主力と当たりたくないというヘタレっぷり。そんなわけで遊撃主体で孤立した敵やスカスナを狙っていたりします。「スカを狙うヲリは役立たず」という金言がありますが、多分その通りでしょう。レクイエム以外の倒せる余地のあるスナに関しては、ブライニクルとスーンエッジがキツイ。ただ10キル以上目指すには他に方法がない気がします。っていうかキル数じゃなくて味方スナサラが有利になるような立ち回りをしろという話ですよねー。遊撃が敵をかく乱できる時代でもない上、低火力がキル数狙ってどうなるのっていう。ただヲリの自由気ままな感じが本当に楽しい。デス数もハンパないですが、これはもう死亡時のアナウンスで周知の事実なので問題ありません(?)。テメー死にすぎだふざけんなと思ったらメールください。
HP宝珠前提なので、これが尽きたらもう二度とヲリで出られないと思うとさびしい。課金したい(゚д゚)

・もうそう
廃同士のタイマンなら、相討ちを含んでヲリはコドプリとナイト以外は倒せるんじゃなかろうかと妄想中。殴り合いのさなか、自己の回復を忘れるようなコドプリもおそらく倒せるでしょう(居るかどうかは置いといて)。レクイエムスナと殴り合ったときの勝率が気になります。9割方カウンター頼みなので計算しようと思えばできるのかな。
タイマンというのが既に有り得ない前提な上に、低強化の雑魚が何ゆうとんねんという話でございます。

・小マップがきつい
勝つにせよ負けるにせよ、一番弱い相手を延々狙い続けるのが精神的にきつい。接戦ですら後味が悪い。大マップでそれをやっているのが自分なのだが、そこは逃げてくれという他なし(自分勝手だな~)。個人的に大マップこそ至高だと思っているのですが、まずマッチしない時間帯があるため、結局何もやることがなくて去るという淋しさ。

・なんと申しましょうか
何か書こうにも愚痴をこぼすか懐古主義に浸るかしかなくて、クリコンに関する話は止めといた方がいいなと思う次第。自分の狭量さがよく分かってしまうのでwただ止めてしまうとここに書くことが一切なくなるのですが、実際なくても何ら問題ないから微妙に困るわけでござんす。

・そんなわけでまさかの懐古厨
僕のキャラの名前は御他聞に洩れずサガシリーズからとったものなので、赤にロマサガ3由来の名前の某ギルドがあるのを知った時にはなんとなく嬉しくなったものです。フロ2をもじった人もいましたね。いまも一人いらっしゃいますが笑。緑や青にはほとんどインしなかったので分かりませんが、ユーザーがまだ多い時に探してみればよかったかなと思ったりします。そうしたのを見つけるだけでテンションが上がる単細胞ですからね笑。

| クリスタルコンクエスト | CM 0│ 2014. 04. 22(Tue) 01: 30 |

『七人の侍』をはじめて最初から最後までまともに見たのだが、とにかくもう「すごい」という言葉しか出てこない。
いい映画は、本当にあっという間に終わってしまう。この先、今まで見た映画の中で最も好きな映画は何かと問われたら、僕は『七人の侍』だと答えると思う。それほどに衝撃的で圧巻の作りだった。映画史に残る映画だというと陳腐だが、一度見ればその意味が素直に分かってしまうような、不朽の名作。

| 未分類 | CM 0│ 2014. 04. 28(Mon) 22: 53 |

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)