スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

2016 WEC 第3戦 ル・マン24時間レース

今さらですが、先月18日22時(日本時間)にWEC第3戦ル・マン24時間レースがありました。文字通りゴールは翌19日の22時、激戦の末に衝撃的なラストが待っていました。

スパとシルバーストンのハイライトを見た限りでは、トヨタはポルシェ・アウディにペース的には対抗できそうであるが信頼性が皆無な雰囲気だったので、全く期待をしていませんでした。ただ昨年のあまりのヒドい出来と比較すると、充分見るに堪える状態でありましたけども。

放送はJ SPORTSで、スタートとゴールのそれぞれ6時間ずつと夜明けの時間帯の2時間を生放送。オンデマンドなら全部見れたのかもしれないが、4チャンネルあるんだから24時間生放送してくれよと思ったり。

スタートから4時間くらい見てから「トヨタがんばっとるやん」と思いつつ寝て、「まだ走っとるかな~」と思いつつ起きて昼の放送(夜明けの時間帯)を見ました。そしてゴールまでの6時間の放送を見たわけですが、本当に衝撃的で、他に形容しようがない結末でありました。

レース終了まで残り6分を迎えたとき、トップを快走していたはずのトヨタ5号車が突如としてパワーダウン、無線からドライバーであった中嶋一貴の‘I have no power! I have no power!’という悲痛な叫びが響き渡ります。スピードは最高200km/hで頭打ちとなり、1分以上あった2位ポルシェ2号車とのタイム差は見る見るうちに縮まりました。

残り3分、ホームストレートで、フィニッシュラインを数メートル越えたところでトヨタ5号車は力なくストップ、その脇をポルシェ2号車が駆け抜けていきます。おそらく誰も予想し得なかったであろうファイナルラップです。暫くして5号車は回復しましたが、最終周を規定時間内に走り切ることができずに失格。結果は耐久王者のポルシェ2号車が大逆転の総合優勝、続いてトヨタ6号車が2位、アウディ8号車が3位となり表彰台に立ちました。


僕は別にトヨタの熱心なファンでも何でもなかったのですが、5号車(ついでに6号車)の躍動と最後のあの瞬間を見て、さすがに茫然自失となりました。失意というか落胆というか、ポルシェ2号車に抜かれるシーンも含めて何とも言い難い心境でありました。何の関係も無い僕のような人間ですらショックだったのに、これに直面したドライバー、スタッフ、エンジニアの方々はどれほどのことかと思います。

今年のレースは中盤くらいからポルシェ2号車とトヨタ5,6号車の3台による優勝争いの様相を呈していました(というか、放送がない時間帯は何が起きていたのやら)。
ポルシェは1号車が前半に脱落し、2号車だけで勝利を目指す必要がありました。トヨタに対し燃費で劣るはずが常に同一周回内でプレッシャーを与え続け、果ては猛追する6号車を自滅させその牙城を崩します。最終スティントを迎えても2号車は5号車に対して常に後方30秒辺りに位置し、一度のミスで逆転可能なポジションにい続けますが、残り3周ほどで無理が祟りスローパンクチャーが発生、タイヤ交換を余儀なくされます。そこからあの劇的な最後を迎えるのです。
一時はワンツー体制に近しい状態を築きかけたトヨタですが、5号車は最後の最後にマシントラブルに泣き、6号車は接触とミスから応急修理が必要となり優勝争いから脱落、遂に5号車のバックアップ役を果たせませんでした。
アウディは…よくわからない笑。が、3位おめでとうございます。

最後まで諦めずに栄光を掴んだポルシェ、最後まで走り切れずに涙を飲んだトヨタ、トラブルの原因は分かれど、両者の違いがどこにあったのかはよく判りません。当然ながらこの勝利は決して棚ボタではないし、かといってこの敗北は決して必然でもないと思うのです。ただ勝負の非情さというか、無常さというか、そういうものを十二分に実感させられたレースでした。今まで見てきたものの中で最も印象に残ったレースであり、一生涯忘れ得ないであろうと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | CM 0│ 2016. 07. 03(Sun) 23: 02 |

最近見た映画とか

最近とか言いつつ、見てから半年以上経ってる気がしないでもない。全部テレビ(CSとか)でやってたヤツ。
以下ネタバレばかりだが、タイトルしかメモしていないので記憶にないものが多数。


・デビルズ・ノット
アメリカ合衆国で実際に起きた殺人事件のドラマ化。夜中にWkipediaか何かでそういう事件を読んじゃう系の人はご存じだろう。小説よりも奇な事実を元に描いたものなので、最後(現在において)まで謎だらけでまったく腑に落ちない。加えて警察組織の杜撰さと一般市民の理不尽さに何とも言えない気分になる。個人的には、証言VTRに出てくる少年の異様さが、この事件の不気味さに拍車を掛けていて印象に残る。

・はじまりのうた
キーラ・ナイトレイのための映画かと思ったが最後にLost Starsでアダム・レヴィーンが全部掻っ攫った感がある。キーラとプロデューサーとの距離が近すぎて「絶対なんか間違い起こすやろ…」と視聴者(主に私)をやきもきさせるシーンがあり、そこがなければ普通にいい映画なのだが。

・ユージュアル・サスペクツ
「途中で犯人が判った」「最後のどんでん返し」云々、サスペンス映画によくあるフレーズだが、この映画に関してはその判断が正しいのか否かを自らが吟味する必要がある。世間的にはそのどんでん返しがウリで、一般的な娯楽として見る人にとってはそこがゴールなのだが、そうではない人にとってはドツボにハマるような構成になっている二重の意味での秀作。僕は…そのうち考えるのをやめた派。

・トロピック・サンダー 史上最低の作戦
ハリウッド的でシニカルなトコも残酷描写もある全編コメディな映画。人を選ぶ。僕個人としてベンスティラーとジャックブラックがそんなに好きじゃない(致命的)ので、笑えるところはあるがまあそんな感じ。ただロバート・ダウニー・Jrの劇中での迷走ぶりとトム・クルーズの怪演は見もの。

・バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
表現者の苦悩、のようなものにみえた。なんか、一般人や批評家(=非表現者)がこういうものを賛美するにしても批判するにしても、「君らにはどうせ分からないだろ」って感じがしてズルいんだよ。なんか、ひどい被害妄想だな。役者としてのストイックさやそれが投影された刹那的な生き方とか舞台上での自殺を決意してからの聖人君子ぶりとか、破滅的なモノを美化しすぎなんじゃないかとも感じるが、これも一種のジェラシーだろうなあ、そういう次元で生きてない人間の。音楽家や作家などなどの卓越した表現者の幾人かが、自ら命を絶つ選択をする理由もこういうところにあるんだろうか。他にいろいろ思ったことがあったはずだが如何せん覚えがない。

・ナチュラル
ロバートレッドフォード主演の野球ファンタジー。見終わった後は凡庸なスポーツ映画だと思ったものだが、今しがた何方かのレビューを見てちょっとばかし感心した次第。どういうことだってばよ。

・ガーディアンズオブギャラクシー
痛快娯楽SFファンタジー冒険活劇。おもくそ陳腐な言葉を述べたが、個人的にはいままで見たマーベル作品の中で群を抜いておもしろい。言うても最近のマーベル作品の2割も見ていないだろうが。最も評価したいのは、中弛みするような部分がないところである。Xメンやアイアンマン、スパイダーマンなんか見てると「この辺は退屈な場面だなーはよ次の展開に行かんかなー」などと思ったりするのだが、この映画にはそれを感じさせない不思議な勢いがある。

・ルーシー
スカーレットヨハンソンが好きな人は見るといい映画。

・オズ はじまりの戦い
覚えがない。陶器の少女はかわいかった。

・マンマ・ミーア!
ABBAの曲をふんだんに使ったミュージカルの映画化。ABBAを知っている方なら劇中歌の多くに耳馴染みがあるだろう。キャストは豪華なのだが、ストーリーといい肝心のミュージカル部分といいイマイチな出来。この映画はともかく、ABBAのベストアルバムであるアバ・ゴールドを一家に一枚は常備すべきである。

・マレフィセント
アンジー無双。アンジェリーナジョリーの愛情と美しさに酔い痴れる映画。原作を知らないからか、ちょっと感動したのは内緒。

・ワイルド・スピード SKY MISSION
ポールウォーカーのことは知らないが、最後のシーンがすべてだろう。内容には覚えがないがそれでも構わない。

・エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
覚えがない。出演者の豪華さはヤバい。

・フューリー
ブラピ主演の戦争映画。シャイア・ラブーフは雰囲気が違って良かったと思う。他に何も思いつかん。

・魔法使いの弟子
『ファンタジア』のパロディシーンしか覚えがない。

・ペンギンズ from マダガスカル ザ・ムービー
テレビ版も好きだが映画もまた素晴らしい。90分という時間によくまあこれほどギャグを詰め込んだもんだと感心する。ストーリー的には相当に深刻な状況に陥るのが少しばかり衝撃的であった。あと、隊長が挫折するシーンも衝撃的だった…。

・メイズランナー
覚えがない。迷路(=maze)要素は全くなかったと思う。

| 雑記 | CM 0│ 2016. 07. 19(Tue) 23: 11 |

最近見た映画とか2

ネタバレがあるような、ないような。


・インサイド ヘッド
まー号泣ですよ。ただし娯楽には向いておらず、エンターテイメントとしては褒められたものではない。後半までとにかくもどかしさや痛々しさ、下手をすればイライラするような感覚まで抱かされる内容である。ただもう、終盤からは涙が止まらんかった。声を上げて泣きそうだった。
極めて適当なことを言ってしまうと、この映画の大半は主人公ライリーの感情の移り変わりとその発現(行動)を、我々が感情ではなく理性を基にして観察している、という状況にある。けれどもライリーの頭の中の5つの感情は、あたかもライリーとは別の人格が勝手気ままに振る舞っている(≒感情の暴走)ようで、どんどんと望ましくない方向へ物事が進んでいってしまう。理性的立場からすると「なんでそうなるのッ」と言いたくなるようなもどかしさが胸に湧き起こるのだ。
でもって、それが映画の終わりに向かって腑に落ちるように解消されていく。内容について言葉足らずも甚だしいが、説明できないモノは仕方がない。ただ、様々な経験の蓄積が、絶え間ない人格の形成や感情の制御(抑制ではない!)の仕方、理性の発達に繋がっていくこと、それらが不可分でありながら常に合理的に統一されているわけではなさそうだということ、そういったことを絶妙なタッチで示唆している映画だなと思う。哲学的ですねと言われれば、そうですねと答えざるを得ないんだけど、哲学という言葉で片付けるにはあまりに愛情に溢れた映画なのだ。
ライリーの感情の喪失や心の変化、成長を通してこの作品からは、キャッチコピーの通り「この物語はこれまでの、これからの、あなたの人生の物語でもあるんだよ(改竄有り)」ということがしみじみと伝わってくる。冒頭の「11歳の女の子に一体なんの問題があると言うの?」というようなフレーズは、言い換えれば「老若男女、どんな人間にも問題はあるもんだ」ということだ。哲学的な要素を含みながら押し付けがましくなく、愛を以って今を生きる人の様々な想いを受け入れてくれる、肯定してくれるような懐の深さがこの作品にはある。なんとなく、この映画は常日頃から上手く行かないもどかしさや漠然とした不安を抱えている人にほど、琴線に触れるところがあるのではないかなあと思ったり。

・LEGO ムービー
すべては最高です。建物や車などの人工物だけではなく、視界一面の砂漠やうねる海面、爆発などありとあらゆるものがレゴブロックで表現されている。これだけで鳥肌モノである。ストーリーもレゴらしさを踏まえた素晴らしいものであるし、パロディ要素も遊び心満載で誰にでもお薦めできる作品。なお地味に感動だったのはスタッフロールの背景のレゴだったりする。

・マッドマックス 怒りのデス・ロード
理屈じゃない映画。めちゃめちゃ人を選ぶ作品だと思う。正直僕は好きじゃないのだが、「これ以上ない最高傑作だ!」と感じる気持ちも分からないでもない。狂気と迫力に満ちていながら意外と(失礼)みんな理性的な部分があって、悪が絶対悪じゃない曖昧さがあって、最初から最後までぶっ飛んでるのに妙にリアルな世界観がある。おそらく事実として、地球上のどこかでこれと似たような状況があるのだろうなと思うと痛ましい気分になる。

・スチームボーイ
映像美がウリだが、他に特筆すべきものはない。

・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
覚えがない。ヴィジョンが出た時はちょっと興奮したかも。

・グリース
青春ミュージカル映画。40年近く前の作品だが結構聴き心地のいい歌が多く、ストーリーやダンスなんかの古臭さに味わいを感じられるのならば楽しめるだろう。オリビア・ニュートン=ジョンがかわいい。

・タップス
若かりしトムクルーズとショーンペンを拝見できる映画。

・荒野の決闘
西部劇の傑作。原題は『My Darling Clementine』、“いとしのクレメンタイン”。説明不要、というか見ないと分からんあの風情、空気感の描き出し方が素晴らしい。

・ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
ウサギの造形が不気味すぎる。いや、人間もだろと言われればその通りだが。そして、そーゆーのを全部挽回してしまうグルミットの圧倒的かわいさ。ストーリーは中々良かったが、特筆すべきはやはりアクションシーンだろう。犬と犬との対決は色々と工夫が凝らされていて見ものである。

・ホビット 決戦のゆくえ
3作見るのに1年くらい掛けたんじゃなかろうか。突っ込み所満載で某主要キャラクターに感情移入できないのが致命的である。ただ、冒険を終えてビルボがホビット庄への帰途についてからは自然と涙があふれてくる感動がある。ついでにスタッフロールが冒険の終わりの余韻を残す感じがしていてステキ。

・ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
安定のおもしろさ。ただ個人的に気になったのは、敵方のメンバーは元スパイばかりのはずなのに普通に雑魚いところ。構成員相手に毎回互角だったり頭を使わなきゃ倒せなかったりでは爽快感は得られないか。

・ターミネーター:新起動/ジェニシス
シュワちゃんをみるためだけの映画。

| 雑記 | CM 0│ 2016. 07. 22(Fri) 01: 40 |

練習

94.jpg
ヒットガール。

今更キックアス1作目を見たのだが、まぁ当然ヒットガールに扮するクロエ・グレース・モレッツちゃんの大活躍(大殺戮?)を堪能する映画でございます。クロエちゃんの父親役のニコラスケイジもぶっ飛んでてよかったが、基本的にヒットガール以外はオマケだと思う。
肝心のヒーローであるキックアスのストーリーは尻すぼみ感が半端ない。序盤、集団にボコられていた一人の男性をキックアスが助けに入るところで、彼が「死んだって構わない。目の前の暴力を見て見ぬふりをする自分自身が許せないんだ(適当)」みたいなセリフを言い放つのだけれど、もうこの時点で‘特別な力を持たないヒーロー像’としては完成形に達しておるわけです。本来なら2時間掛けて描写するはずのところが最初の30分で終わっちゃったので以降はただの進行役でしかない。終盤にスパイダーマンばりの葛藤を一瞬だけ見せるのですが、「いや君がそこでそれを悩むのは違うだろう」とつい突っ込みたくなってしまった。
結局キックアスがどうのってのはどうでもよくて、クロエ・グレース・モレッツちゃんの魅力を存分に引き出した作品としてみれば120点の出来であって、尚且つそれで充分な映画であろう。

| 絵の練習 | CM 0│ 2016. 07. 25(Mon) 00: 58 |

| main |

Profile

1741

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。