天元突破グレンラガン 第26話「行くぜダチ公」

やっぱアニキ最高です!

一時期はシモンにうつつを抜かしたこともありましたが、自分はいつまでもアニキについていく所存です。
とりあえず前半は分からないのがデフォですよね?とにかく自分には何いっとるか全然分からなかった。難しい単語が連呼されてたし。確率がどうのこうのゆうのは宝貝の四宝剣みたいなあれですか。

・アンチスパイラル氏の有り難い説明
仲間を犠牲にして、なお前に進むか。それこそ螺旋の民の宿業だ。その業ゆえに、お前達は滅びなければならない。
ならば見るがいい、この宇宙の行く末を。進化することしか考えぬ螺旋の力が、この宇宙を滅ぼすという結末を。螺旋力とは宇宙と生命を繋ぐ力。銀河の成長は生命の成長と比例する。生命はより螺旋の力を得るための形を求めて発達した。それが、進化だ。だがその果ては螺旋力を制御しきれなくなり、生命の全てが銀河となる。過剰銀河は互いに食いつぶしブラックホールとなり、この宇宙は無に帰る。それが、スパイラルネメシスだ…

こんなん言ってシモンさんが諦めるとは微塵も思ってないでしょうこの方は。
なんかアンチさんも人型だったんですけどこれはこれでいいんでしょうか。螺旋力に未練でもあるのでしょーか。


後半は最高でした。正直申しますとアニキの姿が拝めただけで私は満足です。
ダイグレンの皆は多元宇宙にとらわれてしまう。その間にブータが、どういうわけか人間型に成長しました。しかも人型になるということで墓穴を掘ってます。

~カミナのセリフなど~

どうしたシモン なくしたのか、ドリル

バカヤロウ!ジーハ村に悪名轟くグレン団 
男の魂背中に背負い 不撓不屈の鬼リーダー
カミナ様がそう何人もいてたまるかよ

その通り!好きなほうを選べ

忘れたのか、俺の無茶に中身をくれたのはお前なんだ
俺の進めに中身をくれたのは お前なんだよ!
お前のドリルは その辺の石っころとは違うはずだ
お前のドリルはここだ
いつまでもこんなところでうだうだしてんじゃねえ
お前のドリルは何のためにある!

アニキ…なのか…?

行け、シモン
「もし」とか「たら」とか「れば」とか そんな思いに惑わされんな
自分の選んだ一つのことが お前の宇宙の真実だ

ああ、そうだな、その通りだ

忘れんな オレの宇宙も そこにある宇宙だ

アニキ!

オレだけじゃねえ、コイツらもな!


いつの間にか背ぇ抜かれちまったな

ホントだ


行くよ、アニキ

ああ。今度こそ、ホントにあばよだ
行けよ、兄弟

あばよじゃねえ 一緒だろ

ああ!

おぁぅ!!(一同)

いくぜ ダチ公


やっぱカミナは出てくるだけで様になるなー。そしてあの口調たまりませんです。何気ない(?)言葉が多いんですけど、響きます。「どうしたシモン。なくしたのか?ドリル。」この言葉だけでも気持ち昂ぶる。そんでもって最期の、皆で「おう!」ゆうシーンで感極まる。ただキタンの扱いがぞんざいだったのが気になったけどね!


巡る銀河のその果ての
青く輝く小さな星の
小さな男の大きな話
語り尽くせば日がまた昇る
次週、最終回「天の光はすべて星」

| 天元突破グレンラガン | CM 0│ 2007. 09. 27(Thu) 20: 36 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/208-4b3e72cf

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)