天元突破グレンラガン 第25話「お前の遺志は 受け取った!」

グレンラガンも最終回が近づいて参りました。

窮地の連続の大グレン団ですが、ようやく復活の兆しが!
デススパイラルのフィールドである黒い海に引きずりこまれてゆく超銀河ダイグレン。
このままいくと宇宙の圧力でペッシャンコになってしまうという。

吸収される以上の螺旋力を引き出そうとするシモン
アクシズを押し返すがごとく 艦を海中へ押し下げる敵機

圧倒的不利な状況に意気阻喪し 弱音を吐露するギミー

~キタン~
「ブヮァッーーカかっおめぇはっ!

どこに死ぬのがこわくない人間がいる

でもなぁ 仕方ねえんだ

これしか能がねえんだ オレたちゃ好きでやってんだよっ…!

こえぇからなおのこと 前に進むしかねんだよ!」

二人を 不器用ながらも諭すキタン


そして、モニターに幾機ものラガンの残骸が映し出される

銀河螺旋海溝 螺旋の墓場

悠久の時を超える種族間の闘争の歴史
そして大グレン団も、その巨大な流れの中の微かな一部分に過ぎないことを知らされる

その中心にはデススパイラルマシン~螺旋族の涙が辿り着く場所(リーロン談)~

~シモン~
「諦めるな、皆!

アンチスパイラルの思うようにはさせない

死んでいった仲間達 敢無く散った螺旋族

全ての無念を受け止める 受け止めて力に変える

こんなところで 終わってたまるかぁっー!!」

最深部へ突貫する超銀河ダイグレン

浸宙被害は拡大し、シモンの体力(螺旋力?)が限界に近づいたとき
とある一匹がヴィラルの操縦席に現われる

「このチビブタモグラ、螺旋力の塊だ!」

膨大な螺旋力を溜め込んでいたブータ
グレンとラガン、螺旋生命を賭して力を解放させる!


マシンの周囲の超高密度空間である螺旋変換フィールドを破るため、出撃を決意するキタン。ヨーコとの別れを交わす。

~キタン~
「あばよ、ダチ公!…なぁ~んてキザなセリフは言わねえ

行ってくるぜぇ!野郎共!!」

まぁーだキングキタンが残ってるぜぇ

お守り代わりに拝借してきたグレンラガンのドリルッ!使わせて、もらうぜぇ!

コイツはシモンの

大グレン団の

人間の

いや このオレ様の 

魂だ!!!

てめえごときに 喰い尽くせるかぁ

キィィィィングゥ キタァァァァン!

ギィガァァァァドォリルゥゥゥ

ブゥゥゥレェイクゥゥゥッッッ!!!

これが螺旋の力かよ…大したもんじゃねえか

フッフ……


暗黒の海が螺旋エネルギーに変わる

「キタン…お前の遺志は受け取った!
ヴィラル、ブータ 一気に行くぞ!変形だ!」
「その言葉、待っていた!」

~シモン~
友の想いをこの身に刻み

無限の闇を 光に変える

天上天下 一騎当神

超銀河グレンラガン

人間の力を 見せてやるぜ!!



キタァァァァン!!!ほんま有り得んぜよ!ブータも有り得んかったけどな!それにしても必殺技の使い方がうますぎるってこれ。ギガドリルブレイク現るところに嗚咽あるいは慟哭、そして感動あり!って感じ。あとシモンのサングラス(?)は驚愕だった。シモンのマスク→カミナのグラサン→星型!?これはキングキタンを模したっぽいですね。めっちゃダサいけど、むちゃくちゃカッコイイという矛盾。これだからやめらんねえんだ!
魂を震わせる絶叫がダイレクトに届くアニメってのはほんと~に素晴らしい!!あとこの文章はかなり端折ってるので話の流れやら意味やらが分からなかったりしますが勘弁してね。


来週
友の想いが与えてくれた 一騎当神超銀河
多元銀河が縛ろうと 全ての道は男に通ず
次回天元突破グレンラガン「行くぜダチ公」

| 天元突破グレンラガン | CM 0│ 2007. 09. 16(Sun) 11: 29 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/211-e062c6a6

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)