スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」

1895(明治28)年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を割譲され、初の植民地統治を始める。英のインド統治やフランスのアルジェリア統治にならい、植民地をもつことで“一等国”をめざした日本。1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会では、台湾のパイワン族を“展示”し、統治の成功を世界に誇示する。日本は「格差と同化」という矛盾した台湾統治を続け、1930年代後半からは「皇民化運動」で日本文化を強制する。

半世紀におよぶ統治はどのように変遷していったのか。2万6千冊におよぶ『台湾総督府文書』、近年発見されたフィルム、欧米に埋もれていた文書などを手がかりに近代日本とアジアの関わりの原点を探っていく。

NHKオンライン紹介文より


昨日の放送でこれからは見るのを止めようとは思っていたが、偶々大河ドラマを点けてたので結局ついでに見た。昨日とは違って、台湾の人々にスポットを当てたミクロのアプローチが強い構成かなと思った。
教育の影響力の甚大さのリアリティになんとなく触れられた気がする。

どこかで、オランダにより植民地化されていたインドネシアを例に、文化の共有的意識やnaitonの概念の欠如等「国」としての実体のない地域(といっていいのか分からないけど)が、統一的な言語教育・国語教育を受けると、一代で大きな影響を及ぼすと言う話を聞いた記憶があるのだが、あの同窓会の人の言葉でそれを思い出した。
当時を知らず調べる気もないので、台湾は日本の支配を受ける以前にどのような状態であったのか分からない。ただ島国・多様な言語云々のインドネシアよりもなお一層統一的であったと思うので、より強力な手法が求められたと思う。
また、民族自決云々は1920年前後から始まったと思うのだが、人々の意識の変化・世界の潮流に逆行するかの如く日本人化を進めたことからも、それが推測される気がする。

「日本人として育てられ、日本のために生き、日本に見捨てられ」、その理不尽さに「歳をとってから気付いた」と言っていた人がいた(はず)。
「教育勅語をあの歳になった現在でも諳んぜられる」人、軍歌を歌う人たちもおった。

私には、その教育の有様が想像できないところである。道徳の教科書の内容なんて一言も覚えていない。今の行動規範を規定していることはあるだろうけれど。
人が幼いときから受けていた教育の内容と方法とが、どれほどの影響を与え、後を引くかを示している一例を垣間見た気がした。戦時中やそれに準ずる状況における教育現場(学校に限らぬ)を見てみたいなあ。

| 未分類 | CM 0│ 2009. 04. 06(Mon) 00: 45 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/371-cb7630ac

| main |

Profile

Author:中原
絵の練習メイン。多分。

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。