ワンダー×ワンダー 探検!驚異の結晶洞窟

NHKワンダー×ワンダー 探検!驚異の結晶洞窟を見る。

あのような世界が現実にあることにまじぱねえと云わざるを得ません。
なんかザ・コアとかミクロの決死圏とかの世界なんだもん。SFなんだもん。いや逆なんだけどさ。
眼前にあの景色が広がっていれば、誰だって興奮するでしょう。

私はしばしば宇宙と海底とは神秘に包まれていると思っていましたが、そうではないのですね。なんか陸とか山とかになると浪漫ねーなーとか感じることがたまにあるんだけど、全然そんなことはない。ただ自分が知らないことを知らないだけでした。陸も同様にやばい。
そう思うとギアナ高地のでっかい穴も、高山植物の一つとってもまじでぱねえってことがわかりました(今までわからんかったんかい。いえわかってたつもりです。ひとり問答)

そこら辺の山の下も条件が重なってすんげーことになってたり、それが偶々姿を現します的な話はあるんでしょうか。MRIみたいなので一山づつ輪切り状に分析していったら見つかったりするのかなー。別に山に限らずそこらへんの地面の下でも何でもいいのですが。
あとなんで洞窟ってこうスポット的に点在しているんでしょうか。なんかもっとでっかくあってもいい気がするし、そもそも地中にかなり限定された空間が存在すること自体がふしぎ。空間があるところにしかこういう特殊なものは生成されないのだろうか。そりゃ洞窟だからそうなんだけれど、洞窟じゃないのに洞窟的なのがあったりしたらいいなーとか思いました。自分でも意味不明だ。

残念なのは、これが世界中の自然のすんごい場所を紹介しまくる番組かと思ったら違うかったという点。勝手に期待してましたのに。
たしかあの教授はこれまで3000の洞窟を潜ったと言っていましたが、折角ならその教授の特集組んでくれよと切実に願います。

| 未分類 | CM 0│ 2009. 04. 18(Sat) 23: 36 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/382-147fd676

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)