スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

少子化っぽい話

痛いニュース(ノ∀`):「なぜ経済の豊かな日本で子どもが減るのか?」 少子高齢化世界ワースト1位の日本に海外から強い関心

私はこどもが減ったのはリスクの増大だと考えます。一つに教育の長期化です。
教育の長期化は、子どもが労働力として働き始める年齢の上昇と、それにかかる親の金銭的精神的負担と拘束時間の増加を意味します。
また、子どもにとってのお金の問題でもあります。教育に掛かる期間が長くなればその子が結婚するための経済的バックグラウンドの構築が遅くなります。大卒初任給を得るのは22歳以上からです。それから昇給を重ね経済的基盤を築くわけです。これが不況によって順調でなくなったり晩婚化に関わっていたりしていればうれしいです。
二つに月並みですが核家族化とコミュニティの衰退です。これにより子どもに掛かる負担は絶大に増えます。それは子育ての問題であり、他の生活全般に関わる問題でもあります。

などと言いましたが自分でもこりゃ全然ちげーよと思います。構造的な問題と社会的な問題と個人的な問題が含まれる、てゆーか全部が問題な問題だと思います。だから少子化へのアプローチは延々と拡大し収拾がつかなくなるとも考えています。私は少子化を問題としないのであれなんですけれども。

話はずれますが、私が問題とするのは、生まれてきた子どもたち(及びその育ての親)に対して可能な最高のバックアップが出来る世の中をどうやってつくるんかという話です。それは制度に丸投げのものでなしに、社会的な力―それでもそれは強制や内心の侵害によらない個人の自発的な意思に基づくものであるわけですが―にも大きな役割を認めるものです。もちろんこの二つに限ったことでは有りませんし、他のいかなるアプローチも考えられるわけですが。
んでその結果少子化になろうがどうなろうが知ったことではありません。

またも妄想を垂れ流したわけですが、肝心なのは子どもの数が増えた減ったという話ではないことが言いたいだけでした。すいません。だって経済情勢や産業構造を少子化の一因に求めたりしたってあまり意味がない気がするんですもの。
まあ私が申し上げることは、段階を無視して一足飛びに理想だけを語る不毛以外の何ものでもないわけですけれど。

| 雑記 | CM 0│ 2009. 05. 11(Mon) 22: 15 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/400-54793c81

| main |

Profile

Author:中原
絵の練習メイン。多分。

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。