3月10日(水)

読んだ本
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)
(1977/03)
フィリップ・K.ディック
おもしろい。人間とアンドロイドとの境界は、有機体か機械かで引かれるのではなく、人間性とアンドロイド性の元に引かれる、というような発想が奇抜である。その差異は親切さが尺度となって規定されるようだ。エンパシーボックス(共感能力)/マーサー教や感情移入能力の検査などがその差異を象徴するものだが、それを理由として何故平気で(ないときもあるが)アンディーを抹殺できるのかを疑問に思ってしまう。それはアンディーと人間との差異が紙一重であるのに対して、アンディーと機械との差が絶大であることに理由の一つがあるような気がする。模造動物に愛情を注ぎアンディー(裏切り者)にたいして情け容赦ないのはどうなんだ。人間を裏切ってないアンディーも奴隷同然ではある。感情移入能力がなくとも感情があるとしたら、人間は共感能力云々の前に既に残酷な行為を犯してしまっているのではないか。なぜアンドロイドをただの機械か何かとして造ろうとしなかったのか。FSSのアトロポスか誰かの言葉を思い出す。但しこれらに関して作者の意図を完全に汲み取り損なっているという確信がある。
読み進めていく毎に「次はこうなるかなー」とかいう予想が毎回外れる。リックのこと、フィル・レッシュのこと、レイチェル・ローゼンのくだり等。自分でも苦笑。
そのあと以前に録画してた『ブレードランナー ファイナルカット』を観る。凄い映像描写だ。


決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
(1993/02)
アーサー・C. クラーク
蝶おもしろい。すごい。天才。文章の記述から、その光景を十分にアタマに思い描くだけの知識とスケール感が自己に備わっていないのが不幸だ。

| 本・漫画 | CM 0│ 2010. 03. 10(Wed) 10: 33 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/545-5daf3d9e

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)