4月12日(月)

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古
商品詳細を見る

感性が鈍っているのか洞察力が欠けているのか、ほとんど腑に落ちるものがなかった。「東大・京大でうんたらかんたら」という帯の文句が良い。本の売り出し方がよい。私がこれを買った理由がそれである。てゆうか大方の人がそうだろ!

タイトル詐欺である。誰がこの表題をつけたか知らぬが、本書で述べられるとおりハウツー本ではなくエッセイの類である。その手の実践方法を知りたいのなら別の本を手に取るべきである。
ハウツー本ではないと語るのはあとがきである。そう釈明しなければならないようなタイトルをつけるなと言いたくなる。そうしたくないならばせめてまえがきに書いてください。

しっくり来るものがない。「○○するとよい。△△はだめだ。○○するのがよい」とか、全篇に渡ってそんな感じの主張が述べられている。その根拠のほとんどが推論で、それがいまいち説得力を欠いているために頭を傾げ続けることになった。おそらく著者と価値観が似ている人にはピンと来るものがたくさんあるに違いないが、自分はそうではなかっただけのことだ。

こうした内容を題材とした本は巷に氾濫しているが、どれも似たり寄ったりだろうから何も言わないでおく。ただ何故この本をこき下ろしたかといえば、タイトル詐欺だからである。『○○学』というタイトルを冠するならば、せめて主張が論理立ててあってほしいものである。
とにかく何が悪いかと言えば、何度も言うけれども、タイトルである。これがなければこき下ろすこともなかったであろうし、そもそも手にとって読むこともなかっただろう。帯とタイトルの組み合わせによって商売上の成功を勝ち得た本である。

ちなみに、個人的にこういう類でまともだと思った本は、『知的複眼思考法』である。微妙に関係のありそうな本で言えば、『理科系の作文技術』、『日本の思想』の第三章「思想のあり方について」である。こういうことを記述していると、自分がどれだけ自分に合わないものに対して狭量になっているか不安になってくる。

| 本・漫画 | CM 0│ 2010. 04. 12(Mon) 17: 29 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/550-f74c071b

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)