スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

7月24日(土)

物語 数学の歴史―正しさへの挑戦 (中公新書)物語 数学の歴史―正しさへの挑戦 (中公新書)
(2009/06)
加藤 文元
商品詳細を見る
古代から現代までの数学の流れを綴った本。とても興味深かったが、如何せん数学の用語が理解できない。数学の枠組は一握りの天才によって形作られてきたような感じがするけど、他の学問分野ではどうなのだろうか。
古代、数学が生活の中でどのように利用されてきたかや、各地域の文明ごとに数学の根本的な考え方に違いがあることを述べる序盤はとてもよい。筆者は西洋数学と東洋数学から「世界の数学」へ統合していく説明をするが、それ以前の、数学の多元的な芽を語る部分が最も生の人々を想起できるシーンである。
数学の発展が現代に接近するにつれて話はサッパリわからなくなる。語る内容もそうであるのだが、特にわからないのは、「その発想にどれほどの価値があるのか」である。ずぶの素人にとっては非ユークリッド幾何学やらリーマン幾何学がどんな意味をもってるのかを理解できない。其処を差し置いて、それらが数学の根底を揺るがす革命的な出来事であると語られても、数学者が感動するほどに私の心に響くことはない(理解できていないのだから当たり前である)。こうした発見の価値がわかる人からすれば、僕のような人間は「これだから俗物は…」と思われるだろう。でも「数学の歴史」とゆーからには、どれだけの人間を(意識的にも無意識的にも)動かしどのような影響を与えたかの説明がほしかった。
本書は数学史であって、歴史において数学が果たす役割を述べたものではない。思想的背景に多く言及しており、人物伝としての色合いも強い。数学とは縁遠い人でも読めるであろうが、記述の内容を理解しうる人は多くなかろう。

『2012』をみた。映像はすごいけど『ディープインパクト』のほうが10倍良い。

| 本・漫画 | CM 0│ 2010. 07. 24(Sat) 23: 34 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/572-b6fe50c4

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。