スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment-│ --. --. --(--) --: -- |

FallOut3 再プレイ後記

半年くらい前にFF8と同時期にやっていたはず。その数年前に無印は一度クリア済みなのだが、無性にやりたくなって再度購入しプレイしたのである。PS3・今回はGOTY版。

めちゃフリーズしますよ、このゲームは。amazonのレビューあたりでは「セーブデータが10MB越えたあたりから起きる」と言われていますが、僕の場合は4MBくらいから頻発です。5分おきに止まったりする場合もあります(流石にそういうときは諦めて寝る)。肝心なことは、僕にとってはそういったことがどうでもよくなるくらい神ゲーだということです。
たぶんだけど、FallOut3・TES4・TES5のうち、最初にやったゲームが「ゲーム史に残る傑作」だと各々のプレイヤーは思うんじゃないかな。時系列的にはTES4が早いので、その名誉はTES4にあるのですが。(と、FO3以外やったことない奴がほざいているわけですが。)


・じゃあ何がいいのよ
FallOut3の何が素晴らしいかって、やはりその「世界観」でしょう!(安っぽい言葉だなぁ~)
「核戦争後の荒廃した世界」を舞台に父親を捜しに世界(実際には米東海岸の一部)を旅するのが基本的な物語ではあるが、導入部を終えたらば桁違いの自由度が与えられて、そこからこなすことになるメイン/サブシナリオもまた圧巻の造り込みとしか言いようがないレベルなのである。本筋に関わらないストーリーでさえ複数の過程と結末が用意されており、それに伴って各地の住人との何気ない会話ですら物凄く多岐に渡る場合もある。
そういった驚異的なボリュームを誇る自由度・フリーシナリオ的要素はその世界観を構築する一つの「要素」でもあろう。人、物、情報、景観、敵、UI、音(ラジオ)その他もろもろ、全てがあの世界を表現するのに必要不可欠な「要素」なわけで、それらが完璧に組み合わさってFallOut3の見事な世界観が成り立っている。だからこそプレイヤーはあの世界に没頭し、時間も忘れて夢中になってしまうのだろう、と適当なことを言ってみる。


・個人的に好きなトコ
ラストです。自由度、世界観などと言いつつあのラストのくだりが大好きです。正確にいえばリバティ・プライムと一緒にジェファーソン記念館に進撃するところが最ッ高に熱い。鳥肌モンです。そこ、もろに「映画的な演出」部分やろ…と突っ込まれること請け合いですが、いいんです。むしろそこがいい。
このゲームの主人公は故郷でもどんな町でも、一貫して「孤独な放浪者」(要はヨソ者)的な扱われ方をするのだけど、最後に、巨大ロボを先頭に志を同じくする者たちと共に浄化装置奪還に向かい、見事に成功させるわけです。Vault101で生まれ育ちウェイストランドを彷徨い歩いた主人公の、良し悪しはあれど様々な行動の集大成があのラストに凝縮されていると思うと、このゲームをプレイして本当に良かった…とか気持ちの悪いことを思わずにはいられないわけですよ。そもそもFO3をもう一度プレイしたくなったのもこのラストをまた体感したいというのが大きな理由でしたし。

あと、トランキルレーンのクエストも地味に好き(ベティちゃんに無理難題言われるトコ)。


・個人的にキツいトコ
グロ多めなトコもあるが、ホラー的要素がキツい。そもそもSFサスペンスホラー的なモノが根底にあるのに、それを言っちゃ終しめえよって感じなのだが、やっぱキツい。人がプレイしてるバイオハザードを傍から見てるだけでさえビビる僕にとっては中々のハードルで、一度ミュータントの巣で心が折れたことがあります。
基本的にグールやミュータント等が徘徊する廃墟を当て所も無く探索するゲームでもあるので、改めて振り返るとよく最後までやり切ったな…とか思わんことも無かったり。ちなみに今回は仲間(傭兵一人と犬一匹)を引き連れていたのでかなり恐怖が緩和されたが、初回プレイ時は独りで放浪していたので、ジャーマンタウン警察本部やレディーの希望病院~ステーツマンホテル、Vault87あたりは「なんだこれ…地獄かよ…」と泣き言を言うぐらい怖かったのを覚えています。
こうしたSFホラーを含む世界設定を裏付けるように、とにかく情報量が膨大なのもこのゲームの特徴であって、これがまた好奇心をそそるわけですし、この世界にどっぷり嵌るわけでもあるんですね。「敵の種類がなんか少ない」とか「建物がどこも似たようなもん」とか「戦闘がワンパターン」とか、不満は当然あるのですが、何度も申し上げる通り、そういう欠点をいずれも吹き飛ばす素晴らしい世界観がこのゲームにはあるわけです。


・特にまとめではない
GOTY版を買っての再プレイだったが、DLC部はBroken Steel(BS)しかプレイしていなかったりする。個人的には無印版で充分かな~というレベルである。何よりBSの導入で一部の仲間(犬など)のHPが膨大になることで戦闘に緊張感がなくなるのと、こっちの装備に見合わない文字通り理不尽な強さの敵が後々出現するようになるのは完全にマイナスだった。前者と後者とでバランスがとれているように見えるが、結局はプレイヤーキャラの強さを無視したバランスのために仲間を囮にした戦法を用いるだけになり、戦闘時におけるゲーム性がかなり削がれてしまう。他のDLCで強力な装備を手に入れたりレベル30まで上げたりすればまだいいのかもしれないが、僕はどちらもしなかったので余計にそう感じるのだろう。
DLCをやるつもりがなかったことと強靭すぎる犬のせいでゲーム性が崩壊する点で、僕としては無印版のほうが正統と言える出来なんじゃないかと思う。

| ゲーム | CM 0│ 2015. 10. 21(Wed) 23: 17 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/837-8b4d8f71

| main |

Profile

Author:中原
絵の練習メイン。多分。

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年06月 (1)
    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。