再びパズドラを消去した件^p^;

やっぱこうなりますよね…。分かってたけど、どうしてもこの衝動に耐えられない。
魔法石が60個ほど余っておったので一応ガチャをやって、火属性のモンスター以外を売ってシヴァドラを購入。シヴァドラをリーダーにして、協力ダンジョンの一番簡単な方のところ(赤おでんやサリアで周回してたトコ)に2回潜って2回とも道中で死んでから消した。
クリアできてたら消してなかったかもしれないし、ガチャで色ヴァルキリーが出てても消してなかったかもしれない。まぁ今となってはどうでもいいか笑。
ちなみに約60日間のプレイでランク260弱だったと思います。協力ダンジョンの裏・深淵の魔王城を周回していると、自然回復分を待たずにどんどこランクアップしていくのでこんなことに。どんだけ暇なんですか。


・辞めた理由
ちなみに前回の場合はコレ。まぁ今回もさして変わらないか。
裏ダンジョンの道中ザコ(ゲヒャハー等)が意味不明なくらい強いとか不満はありますが、実際にそれまでのやる気が一瞬で冷めたのは火のアンケカーニバルをやっていたときでありんす。ヤマタケ(と赤関羽)がおったのでスキラゲでもするかと思って石を溶かして回ったのだけれども、これがまたおそろしいほどつまらなかった。いや、もうビックリするくらい。
やってることは大抵同じなのに、このときだけそう感じたのは「見返りの少なさ」に要因があると思う。これの前に裏ダンを周回していてアリエルとルミエルをスキルマにしたのだが、ここと火のアンケを比較した場合、スタミナ、ランク・モンスターの経験値、コイン、ドロップ率全てがマズかった(まぁドロップ率は同じだが必要だったのは火のフェアリーだけだったので)。

「そもそも比較することがおかしい」という言い分もわかる。ダンジョンの難度もそうだが、作られた起源自体が全く違うからだ。だが悲しいかな人間は比較する生き物である。激ウマなダンジョンを周回した後に激マズなダンジョンを周回しようとしたテンションには、エンジェルフォールほどのとんでもない落差があった。
で、「これをほかのキャラにもやらなアカンのか…」と思うと一気に白けきったのである。こうした部分を乗り越えられるか否かで真正のゲーマーか否かが判るし、逆にここの部分を適宜修正できるようであればライトユーザー離れをある程度は食い止められるかもしれない。

留意点としては、ドロップ率を上げろとかスキルレベルアップ率を上げろとか言っているわけではないということだ。ただ、「完全に無意味」な周回になるようなケースは出来るだけ無くした方がよいと思うのである。ドロップしなかった、したけどスキルレベルが上がらなかった、それはゲーム設計上当然発生すべきことである。必要なのは課金に関係しない何らかの副産物である。

もう一つの留意点は、「全てのダンジョンが激マズならば、それはもはや激マズではない」ということである。自分でも何を言っているのかわからねーが、まあそんな感じである。激マズを必ず食べなければいけないシステムに、下手に激ウマを追加してはならないのだッ。

| ゲーム | CM 0│ 2016. 01. 11(Mon) 01: 05 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikukou2.blog86.fc2.com/tb.php/843-2c9cfed6

| main |

Profile

Author:1741
絵の練習メイン。多分。
コメント・拍手等いただけると跳んで喜びます。リンクフリー。
twitter
pixiv

Link

  • murmur
  • Legatus
  • カラーレスソウル
  • 星番地
  • 管理画面
  • Archives

    2017年04月 (1)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年11月 (2)
    2016年10月 (8)
    2016年09月 (6)
    2016年08月 (2)
    2016年07月 (4)
    2016年03月 (2)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (2)
    2015年10月 (4)
    2015年09月 (1)
    2015年02月 (1)
    2015年01月 (2)
    2014年12月 (3)
    2014年11月 (2)
    2014年10月 (1)
    2014年07月 (1)
    2014年06月 (1)
    2014年05月 (1)
    2014年04月 (6)
    2014年03月 (1)
    2014年02月 (3)
    2014年01月 (1)
    2013年12月 (1)
    2013年09月 (1)
    2013年08月 (1)
    2013年07月 (5)
    2013年06月 (4)
    2013年03月 (1)
    2013年02月 (1)
    2013年01月 (1)
    2012年12月 (2)
    2012年11月 (2)
    2012年10月 (6)
    2012年09月 (5)
    2012年08月 (1)
    2012年07月 (5)
    2012年06月 (4)
    2012年05月 (7)
    2012年04月 (9)
    2012年03月 (7)
    2012年02月 (4)
    2012年01月 (8)
    2011年12月 (11)
    2011年11月 (5)
    2011年10月 (2)
    2011年07月 (3)
    2011年06月 (5)
    2011年05月 (16)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (2)
    2011年02月 (5)
    2011年01月 (12)
    2010年12月 (21)
    2010年11月 (9)
    2010年10月 (9)
    2010年09月 (8)
    2010年08月 (19)
    2010年07月 (6)
    2010年06月 (10)
    2010年05月 (3)
    2010年04月 (3)
    2010年03月 (4)
    2010年02月 (9)
    2010年01月 (7)
    2009年12月 (9)
    2009年11月 (26)
    2009年10月 (25)
    2009年09月 (1)
    2009年08月 (3)
    2009年07月 (6)
    2009年06月 (9)
    2009年05月 (11)
    2009年04月 (15)
    2009年03月 (8)
    2009年02月 (1)
    2009年01月 (2)
    2008年12月 (4)
    2008年11月 (11)
    2008年10月 (9)
    2008年09月 (5)
    2008年08月 (7)
    2008年07月 (4)
    2008年06月 (3)
    2008年05月 (6)
    2008年04月 (10)
    2008年03月 (11)
    2008年02月 (7)
    2008年01月 (11)
    2007年12月 (5)
    2007年10月 (3)
    2007年09月 (10)
    2007年08月 (4)
    2007年07月 (5)
    2007年06月 (4)
    2007年05月 (1)
    2007年04月 (5)
    2007年03月 (4)
    2007年02月 (1)